美容外科医・美容皮膚科医の新妻と申します。

僕は私生活で悩んだ時、「癒し」とは何だろうか?と考えてアロマテラピーの学校に通いました。そしてAEAJのアロマセラピストの資格を取りました。

自分の皮膚が弱かったために、石けんを手作りして友達に配っていたところ、好評だったので、いまは自分が開発した石けんを販売したりもしております。

より安心で素晴らしいサービスが提供できるエステサロンが作りたいと思っていたところ、石けん作りという共通の趣味があった店長の坂浦さんと出会い意気投合しました。
医学的、解剖学的な立場から、当サロン「K-plaisir ケイ・プレジール」の監修をさせていただいております。

次々と新しい美容の器械は登場します。
ご安心ください。当サロンで使っているのは僕自身も受けて体感があり、納得した器械だけです。

さらに、サロンの施術の効果の差が大きく出るのはどこでしょうか?
実は、特に手を使う技術の部分なのです。
この点も、どうぞご安心ください。店長の坂浦さんの技術は、僕も含めて多数のファンがいる折り紙つきのものです。

「K-plaisir ケイ・プレジール」というサロンの名前には、すべての女性に綺麗に健康(K)でいる楽しみ(plaisir)を味わって欲しいという願いを込めております。
当サロンにお越しになるのを楽しみにしております。

医学博士・形成外科学会認定専門医 新妻克宜(にいつまかつのり)

gIMG_8061 - コピー